ロータリーの原点に戻ろう2018-2019 会長 西川 昭雄

東京江戸川ロータリークラブとは

東京江戸川ロータリークラブは、東京東ロータリークラブの3番目の子クラブとして1964年7月に創立されました。会員数では東分区で2番目に大きなクラブです。

創立情報
創立 1964年 7月30日
RI承認 1964年 8月26日
伝達式 1964年12月 7日
スポンサークラブ 東京東ロータリークラブ
特別代表 佐藤 千壽(東京東RC)
創立会員 29名
初代会長 伊藤 三好

バナーの由来


クラブのバナーは、「日の丸」をロータリーマークとともに並列させることで国家を象徴したのが特徴です。 中央に配した三尾の金魚は、江戸川の伝統的な産業となっていた金魚養殖に材をとり、シンボライズしたもの。大、中、小の金魚三尾は、さまざまの職業分類、さらには会員の思想・年代などの相異を表し、RCの中で平和に協調性を発揮して社会奉仕の理念に生きていこうとする、シンボルマークです。

五大奉仕

クラブ奉仕

クラブ奉仕

会合や親睦活動に参加しよう!

職業奉仕

職業奉仕

仕事を通して世の中に貢献しよう!

社会奉仕

社会奉仕

地域の活動に貢献しよう!

国際奉仕

国際奉仕

世界の地域でで活動しよう!

青少年奉仕

青少年奉仕

若い世代を育てよう!

↑ PAGE TOP